タグ別アーカイブ: 怖い話

今日ガチでホモな方々の怖さを知った

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 20:23:50.46 ID:Jrw3f/
一体5はありえないだろ。常識的に考えて。

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 20:24:12.06 ID:p9xZNpR90
日本語でおk

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 20:27:46.35 ID:Jrw3f/bl0
TWで友達になった女子高生と夏休み中に会うという予定が立ったのは2ヶ月くらい前だったか。
ネトゲでの友達とか初めてだし、しかも最初の友達とかが会うって言ってくれるのは正直嬉しかった。こっちは男キャラで、もちろん普通に喋ってて、向こうは言葉から推測するに純粋でかわいい人っぽい。
予定も決まり、服も選んだ。
後は、待ち合わせたカラオケボックスに行けばもしかして、童貞捨てられるんじゃね?とまで考えた。だが、フラグがたったのは尻の処女だったらしい
9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 20:31:12.40 ID:Jrw3f/bl0
田舎に住んでるから、カラオケが場所まで電車とバスで一時間半くらいかかる。
もちろんその中でも胸のどきどきがとまらない。
いつもならipodから流れてるのはふぃぎゅ@とか電波曲だが、今日はなぜかポルノとかを流す。
ニヤニヤがとまらない。ちなみにこっちは写真を出している。
写真をだしてもなお会いたいということは、俺に気があるに違いない。
電車で寝ながら寄りかかってきた親父にもやさしい気持ちを抱いた。

そして、俺はカラオケにたどり着いた。
10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 20:34:01.67 ID:Jrw3f/bl0
携帯で連絡を取ると、すでに部屋に入っているらしい。
カウンターで「○○さん達もういらしてるでしょうか?」と店員に聞いてみる。
「えっと、しょうしょうお待ちくださいませ」wktkしながら本当にしょうしょう待つ。

「ああ、20分ほど前に○○さん方すでにご入室ですね。201号室になります」

・・・・・方?
14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 20:41:17.54 ID:Jrw3f/bl0
ん?たしか1人でくるとか言ってたはずだが。とか思いながらも2階に向かう。
でもwktkがとまらない。
もしかしたら女友達と一緒に来てて、うはーってな展開にもなりかねない。ニヤニヤしながら、201号室の前まで行く。
二度ほど顔を叩いて冷静を作り、ドアを開けた。
第一印象は重要だ。さわやかな笑顔。久しぶりに着る、ちょっと良い服。まぁ俺の中では完璧に近い。

そこには地獄が待っていた
15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 20:44:20.61 ID:Jrw3f/bl0
「す、すいません部屋を間違えました」これが部屋に入ったときの第一の感想だった。
だが、そこにいた筋肉ダルマ2人と髭おやじ1人とひょろひょろ2人が俺を現実に引き戻す。

「ああ、間違ってないですよ」
「あってますよー」
残り三人は大爆笑

お前らはなぜそんなにテンションが高い?
16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 20:47:00.53 ID:Jrw3f/bl0
「えっ・・・・と」
とか、俺の思考回路はショート寸前。
「まぁ、とりあえず事情はおいおい説明していきますので、どうぞ」
とか言いつつひょろ①が席を空ける。
そしてなぜか座る俺。・・・・・・。
●●●○●● (白俺。黒形容しがたい人々)

はさまれた!!!
19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 20:50:26.05 ID:Jrw3f/bl0
怖い。怖すぎる。
髭の親父はなぜかよくわからん洋楽をいれ、1人で熱唱しはじめる。
よくわからない言語がさらに場を重くする。そののりなのか、さっきから中心になっているひょろ①が事情を説明しはじめた。
「ごめんね。僕達。嘘付いちゃった♪」

♪ ね。初めて言葉から俺は記号を連想したよ。
にしても。

嘘ついちゃったじゃねぇぇぇぇぇぇぇぇっっっっ!!!!!!!!!
22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 20:53:22.45 ID:Jrw3f/bl0
一応俺も馬鹿じゃない。ここらで状況を把握し始める。
ちなみに俺は新参だがVIPPERだ。
これはもしかしたら【TWでネカマして馬鹿な男を釣るオフ】とかか?
いや、常駐してたが、そんなスレは無かったはずだ。
と、言うことはこれは、なにかしら、VIP以外で進んでいるなにかだと言うことに気づき始める。それにしても。
この筋肉ダルマはなぜタンクトップをばさばさやりながら横目で俺をみてくるんだ?
20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 20:53:05.44 ID:sWflenz8O
元からホモる気だったの?女って嘘つかれたの?25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 20:56:08.55 ID:Jrw3f/bl0
>>20
どうやらそうらしい

「えっと。じゃあいろいろと言いたいことはあると思うけど、すこしずつ説明してくね」
「え、あ。はい」
それにしてもこのひょろ①のりのりである。
髭親父の入れたよくわからない洋楽をバックにとてつもない状況説明がはじまった。

「僕達はその、解りやすくいうと男の人たちが好きな人間でね」

うん。その先は言うな。把握した。
とりあえず、この先の話は覚えてない。どうやって逃げるかに俺の頭はフル回転し始める。

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 20:59:11.46 ID:Jrw3f/bl0
とりあえず、説明は終わる。
聞いた部分だけをつなぎ合わせて要約すると。
女キャラでホモに興味がありそうな男を釣る。
で、【黒薔薇】とか言うチームで総攻撃をかける。

黒薔薇の時は噴出しそうになったが、なぜかみんなそこではマジ顔になる。
てか、噴出しそうになって、噴出してる余裕が無いことに気がつく。
ちなみに俺がホモに興味がありそうな人間に選ばれた理由は、漫画の趣味。だそうだ。

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 21:03:16.43 ID:Jrw3f/bl0
ちなみに俺はここでやっと俺のアナル処女がヤバイ事に気がついた。
VIPとかでよくホモスレを見るけど、本当にそういう人種がいるとは思ってもみなかった。

「まぁ、とりあえずカラオケはみんなの親ぼくを深めると思って。楽しんでよ」

楽しめるわけがない。
ちなみに今のところ曲を入れているのは髭だけ。
君も入れて、と言われてとりあえずポルノのシスターを入れてみる。
声が上ずる。上がる歓声。
なぜか「うわ。かわいいわ」とか言われてる。

あまり、調子に乗るなよひょろ①
39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 21:05:49.94 ID:Jrw3f/bl0
ちなみに逃げ出すのは状況的に不可能。
歌ってるときも、座ってるときも、話を聞いているときでさえもあらゆる逃げ方を考える。
だが、その俺の思考を読んだかのように、なぜか筋肉どもが、逃げようとした男を半レイプしたことを語り始める。
ちなみにその哀れな子はひょろ②のようだ。

エロゲか!いや。違う。そうじゃねぇ。
いろいろと突っ込みたいが。そうじゃねぇ。突っ込みたいって言う意味もお前らの考えてるのとは違う。

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 21:03:33.19 ID:Sg2R6qI5O
>>1鯖どこだよ

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 21:03:52.78 ID:55R9fUVy0
ちなみにスペックkwsk

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 21:10:23.73 ID:Jrw3f/bl0
>>34 ネニャフルでやってる。もしあれなら養殖付き合ってくれ。白テチはつらいぜ。
>>35 俺 高3。身長160体重54。顔は普通だと思いたい。
ひょろ① どうやら黒薔薇のリーダーらしい。身長170後半。テンションが高い。
ひょろ② レイプにより目覚めた方。165、6。一言も喋らないが、ニコニコと笑顔を作っている。
筋肉① 黒い、硬い、でかい。いや。体がな。
筋肉② 白い、硬い、小さい。体がな。
髭 きもい。しょうじきキモイ。歳が45くらいか?とりあえず歌を熱唱。

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 21:11:28.24 ID:55R9fUVy0
>>44
お前は確かに年下の俺からしても魅力的な感じだな・・・
にしても周りのやつらのスペックがいやだな
特にひげwwwww

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 21:13:40.36 ID:Jrw3f/bl0
俺以外の5人は本当に楽しそう。
でも話題が濃い。バイアグラがな。とか25センチのあれがよぉ。とか筋肉どもが話してる。
そんなことはどうでもいいんだ。俺はとりあえず逃げる方法を考える。

でも、席は囲まれている。前には机があり、したは通れないことは無いが、捕まえられる確立はかなり高い。
では。どうする。ここらでの俺の脳は人生でTOP3に入るくらいフル活動。

んで、俺の頭の中に考え付いた逃げる方法は3つ。
まずは一つ目。
これは確率的には一番助かる確率が低い。だが、やらないよりはましだ。

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 21:16:37.89 ID:Jrw3f/bl0
「すいません。喉かわいちゃって。なにか頼んでいいですか?」
と、やばい。俺もちょっと楽しくなってきちゃったー的なノリで発言。
一瞬シンと静まり返る。
キョトンとする俺。
そして次の瞬間。

「たのめ~!!酒か?酒にするのか?高校生!!。おじちゃんがゆるしちゃおう」
「ほれ。これでな。画面にむかってピッピッピってな。わかるか~高校生だもんな。思春期だもんな」
「酒だ。酒を入れろ。酔え。酔え~!!」

会場。割れんばかりの大歓声。

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 21:21:07.99 ID:Jrw3f/bl0
ぽかんとなるも、歓喜はとまらず。

勝手にどんどん注文される。
「高校生ですし。高校生ですし」
と俺の話は右から左へスルーらしい。
どんどんと注文される酒。酒。酒。
ポッキー、麺をあげたやつ、ロシアンルーレットピザ。
そこいらで、ひょろ①がおもむろに部屋の電話を取る。
「あ、すいません。201号室ですが、割り箸を多めにもらえますでしょうか?」

俺知ってる!!こののり知ってる!!王様ゲーム!!!

この時に死を覚悟したのは言うまでも無い。

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 21:25:04.30 ID:H7ggBKkv0
ネトゲの話をまったくしない5人に笑ったwwwwwww
速攻でウホッの話かよwwwwww

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 21:25:24.74 ID:Jrw3f/bl0
んで、まずは飲み物が運ばれてくる。
俺はここでまず最初の逃げる案を実行した。
このカラオケはワンオーダー性である。
ようするに、こいつらはすでに飲んでいる。酒ではないが。
てか、ここで酒も飲んでないのにここまで騒げるこいつらに敬意を表する。

最初のカード!!

「しつれいしまーす」と入ってくる、馬鹿そうな女に、泣きそうな眼を向ける。
んで、ちらちらと俺の机の場所をみる。
そこには俺がやつらの飲んでる飲み物から結露した水で書いた110の文字。
気づけ。気づけ。ほら。この状況やべぇだろ?気づけって。

よし、俺の前にそのカクテルを置くんだ。ほら、下を確認しろ。
トンッというグラスを置く軽い音と共に、110の文字は消え去った。

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 21:32:11.27 ID:Jrw3f/bl0
・・・・・。
ふっ。と心の中を自嘲と共に虚無の風が流れていく。
ま、まぁいい。最初のカードは一番確立は低かったし、このカードは再使用可だ。
また機会を待とう。

ちなみにここで万が一にそなえて、俺の持っている武器を確認。
ちなみに俺は絵や小説を書くのが好きだ。
ミニスケブとルーズリーフと筆箱は常に持って歩いている。
トーンカッター。カッター。コンパス。
とりあえず殺傷能力がありそうなのはこの辺か。

ちなみに、俺が酒を飲むかをずっと見守っていた筋肉どもが、スケブを持ってるのに気がついたようだ。
ま ず い ね。
まずいですよね。これは

スケブの最初には友達にチンコの書き方講座とかやったやつが残ってる。
たしか、消したが、すこし薄く残ってる。
↑を書いてそれに肉つけをすると、簡単にチンコになるんだぜーとかいったのを覚えてる。

「おお。スケッチブックじゃん。文系の男の子ってかわいいよね」
・・・・・。
ぎゅっとスケッチブックを握る。筋肉は奪い取ろうとする。
どうやらその動作がひょろ①と髭のツボをついたようだ。

「かわいー」
お前らはかわいくないな。

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 21:36:05.06 ID:Jrw3f/bl0
奪い取られますよね。
腕が倍以上あるし。
いや、俺これでも剣道やってたから、腕は太いつもりだけど。それでも二倍はあるよね。

ちなみに釣だとか、腐女子だとか、そんな生ぬるいもんじゃない。
んで、筋肉はスケブの一ページ目には反応せず。よし、消えていた。
ちなみにその後は水彩の風景画が続く。問題はない。
だが、最後のほうに友達とネギま本を作るときに打ち合わせしたラフが残っていた。

エヴァさまに加えられているネギに非常に反応した模様。
「これと同じことしてあげよっか?」

断固拒否

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 21:38:30.94 ID:Jrw3f/bl0
ああ、スケブは鞄の中に入れてるから。

さて、なぜか盛り上がってきました。俺以外。
髭は千の風を熱唱しはじめる。
ひょろどもは俺に酒を飲まそうと必死。

そろそろ次のカードに行かないとまずい。
そう思い始める。

「すいません。ちょっとトレイ言ってきていいですか?」
「あー俺も行く」
「俺~」
ですよねー。

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 21:39:38.37 ID:LD1W6mAp0
逃 げ ら れ な い

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/08/15(水) 21:40:14.37 ID:44C+zRmc0
怖い これは怖い

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 21:43:26.18 ID:Jrw3f/bl0
だが、俺のカードはこれを想定済みだ。
いいだろう。いっしょに行ってやろう。

トイレに行く。
筋肉どもはなぜか、便器からすこしはなれて小便をする。
チンコが見える。やつらは俺の顔を見る。
見ないフリをしたが、1人は小さい。一人は、俺の倍ある。
ふ ざ け
いや、そんなことを言っている場合ではない。

「すいません、ちょっと腹の調子悪いんで」
とかいって、大便用に入ろうとした。
「よし、俺も一緒にはいってやるよ」

断固拒否!!
これは無理。さすがにやばい。俺はすいません、ちょっと限界なんで。
とか、華麗にスルー。間一髪でアナルを守り抜く。
さて、これで先に帰っていただければ。俺は逃げる。
愛用のペンだけはポケットに確保済み。
財布もポケット。とりあえず問題はなさそうだ。

とりあえず素数を数える。
でも、素数がなんだったかいまいち忘れたので、ネギまキャラを1人ずつ出席番号順にいう。

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 21:47:44.87 ID:Jrw3f/bl0
手を洗う音がして、筋肉どもが出て行った。
ドアがバンっていった。
すこし様子をみる。
のどかの次を思い出せてなかったので、必死に考える。

そのとき。
ッドターン!!
ビックッ!!てなった。
ちょっとちびったかも知れない。
大便用のドアが軋む。
ふ ざ け・
だから、そんなコト言ってる場合じゃない。
とりあえず状況把握。
流すフリをして、外に出る。

ひょろ②を抜かした4人がトイレの壁に耳をつけていた。
「えっと・・・」

「ばれっちゃった」
「ばれちゃったね」

どうやら、4人で重なったら、髭が上から落ちた模様。

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 21:50:25.14 ID:Jrw3f/bl0
さすがにここいらで正直こいつらは冗談でやってるんじゃないって事に気づき始めた。

その後も何回か、「俺、この子とトイレに残るわ」とか
アホですか?と聞きたくなるような会話が聞こえてくるが、聞かなかったことにする。
んで、四人に周りを囲まれつつ、あの悪魔の部屋に帰部屋。

また●●●○●●の状況に逆戻り。
こいつら、そうとうてだれだな。

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 21:54:55.62 ID:Jrw3f/bl0
だが、ここで無言を貫いてきたひょろ②が俺に紙を渡してきた。
タバコの銀紙の部分を破った紙で、アンケート用紙のペンで小さく 逃げたい? て書いてある。

キタコレ!!!
ちなみに俺この時かなり涙目。
銀紙を丸めてポケットにしまってから首を立てに振りまくる。
ちなみに髭はインザネイビーとかベホイミが口ずさんでた歌を入れた。
熱唱しているが、俺の耳には聞こえない。
筋肉どもも過去の武勇伝で笑いあっている。
これは、いけるかもしれない。

俺はひょろ②にアナル処女を託した。

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 21:59:08.87 ID:Jrw3f/bl0
ここで俺はカード一に戻る。
結露した水滴でどうやって?と小さく書く。
ひょろ②が確認したのを見て、すぐに消す。

筋肉は俺に酒を勧めてきたが、飲まない。
変わりに麦茶を頼んでくれるそうだ。
それなら飲む。

そんなことはどうでもいい。
ひょろ②は俯き加減ながら、微妙に顔を左右に振って、みんなに見られてないのを確認すると、俺と同じ方法で

走る

と書いた。
ごめん。無理orz

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:05:30.67 ID:Jrw3f/bl0
ここで、事体は急展開。

俺の横に座ってる色白筋肉が、俺にもたれかかってきた。
「よったわー」
とか言いつつ、ひじを腹に当てる。んで、その手は当たり前かの用に股間へ。
俺もマグナムはヒュンと音を立てて最小モード。
筋肉ニヤニヤ。
「あの。あの。ちょっ」
とか、俺声でない。
「いいじゃねぇかよ。ここまでいるんだから、もうその気なんだろ?」
ここだけは言わせてくれ。

ふ ざ け る な。

んで、なぜか髭は歌ってたSAM41の歌を止める。
凝視。本当に笑えない状況がやってきた。
俺本当に半泣き。
気は凄く弱い。本当に怖い。怖すぎる。

ひょろ② 「まだ、お互いの同意ないだろ?それじゃ犯罪になっちまうぞ?」

冷静。沈着。かっこよす。
おまえになら処女をやってもいい。いや、この状況でその冗談はつうじねぇ。
「すいません」
とか、なにがすいませんなのか。男の手を払いのける。
ひょろ②の話が通じたのか、筋肉は手をどける。

ひょろ②。お前だけが希望の光だ。

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:09:56.18 ID:Jrw3f/bl0
そして、ここで、ロシアンルーレットピザが焼きあっがった模様。

大量の箸と共に運ばれてくる。

「おーさーまーげーむぅぅぅぅぅぅんっ」
むーんってなんだ。むーんて。髭自重。
「王様の言うことは絶対だかんね。だかんね」
筋肉。お前、変えれよ。ジムとか、そういう感じのところに。

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:12:52.19 ID:Jrw3f/bl0
そして、髭が歌うのをやめ、そそくさと、王様ゲームを作り始める。
そこで、なぜか筋肉がまがーれスペクタクルを入れる。
一本のマイクを自分に、一本を俺に。
ふむ。これは歌えと?
ちなみに十八番だ。気を紛らわすために歌う。
本気で歌う。筋肉も本気。なぜか綺麗にはもる。
点数は人生で最高点96点。
筋肉狂喜。「最高のパートナーなんじゃね?」とか戯言を抜かす。

そして、王様ゲームが完成した。

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:15:06.39 ID:KDESphli0
私、男だけどマジこぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇwwwwwwwwwwwwww

225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:16:39.55 ID:Jrw3f/bl0
ここまで王様ゲームでマジになったのはまじめてだ。
本気で王様を狙いに行く。
ちなみに、さっき作るときにお前はミスを犯した。

王様を書いているのを俺に見られたこと。
その俺は絵を描く能力が微細ながらもあること。
小説で状況を把握する能力をある程度獲ていること。
王様の真ん中辺りは水でぬれている!!!!

俺の順番は三番目らしい。
筋肉黒は違う奴をひいた。白も違う。

これだぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっ。

4番。

俺死んだかもしんね。

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:17:25.03 ID:EJMAo2320
死亡フラグktkr

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:18:08.72 ID:a9sE+aBI0
>>225
髭は孔明

249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:20:52.57 ID:Jrw3f/bl0
「ん~~ぅ。おぅさ~ま。だぁーれ~ん?」
やっと解ってきた。この髭は微妙にオカマらしい。
そういえば手つきとかも妙にくねくねしていたのを思いだす。

「おーーーーれーーーーー」
白筋肉自重。

お決まりだが
「最初はゆっくりな。ゆっくりな」
と、スローペース宣言をする。
「ん~じゃあ。一番と」
よし。免れた。
「5番が!!。キス!!!」

258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:24:21.31 ID:Jrw3f/bl0
そして。
一番はひょろ②のようだ。そして5番は髭。
「ひさしぶりだな」
とか、髭の眼がトロンとする。
てか、トロンていうオノマトペをリアルで見たのは初めてだ。

ひょろ②も優しい奴ではありそうだが、拒否はしないらしい。やはりホモか。

じゅるるるるっるるっっっっ。ぷーーーー。ぽん。

キスってぷーって音するものなんだ。

282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:28:54.11 ID:Jrw3f/bl0
そして、二回戦目。

あの、悪夢の声で王様だれ宣言がされる。
髭の頬は微妙に紅葉している。うぶなんですか?この状況下で?と、聞きたくなる。

と、いうか、そろそろ逃げ出さないとまずいだろ。
とここでなんとなくその場にい続けていた俺の脳が働き始める。

そして、俺はまた4番。ちょっwwww。水ついてるの選んだら4番なのに、またそれを選んだ俺。
そして、王様はひょろ②。

ここで、ひょろ②のアイコンタクト。
たぶん何番?と聞いている。
俺は目のゴミをはらうふりをして、指を四本立てる。

「じゃ。俺と、○○をちょっとだけ、2人にさせて」
あ、数字見えませんでしたか。

306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:32:41.92 ID:O9z+BUQk0
わっふるwわっふるw

307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:32:55.09 ID:EJMAo2320
初めてのVIPでこんなスレに出会えて嬉しいです><

313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:34:17.00 ID:Jrw3f/bl0
「えー」
と。仲間内からは大ブーイング。
だが、たぶんこのひょろ②は新参なのだろう。

「ちょっと、トイレに行くだけでいいから。その間にその気にさせる」

・・・・・。・・・・・!!!
なに?なんだって?いまなんつった?

それを聞いて仲間うち狂喜。
どうやら、こいつは戦略に長けていることで一目置かれているらしい。
「お前の最強戦略を見せてみろよ」
とか言ってるから。そうだろう。

もしかして、さっきのは公明?とかまじで不安になってくる。
とりあえず、肩にてを置かれて、廊下にでる。
「もちろんうそだよ」
ここですこし泣いた。

スッと差し出されたヴィトンのハンカチがさらに涙をさそう。
「逃げよう」
「はい」
と、二つ返事げ逃走を決意。
ちなみに荷物はもうあきらめようと思っていたが、このひょろ②が自分のバックにいつの間にか入れていた。

322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:35:43.60 ID:F1IbAZEy0
何故かひょろ2が豹変してしまうのを期待している

323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:35:51.98 ID:cJiuL2jH0
ちょろ②になら掘られてもいい

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/08/15(水) 22:36:33.60 ID:82z5UnazO
ひょろ2は俺の嫁

338 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:37:42.73 ID:Jrw3f/bl0
ひょろ②は金持ちらしい。
ヴィトンのハンカチはもってな。って言われた。
ちなみに「精算すますからちょっとだけ待って」って言って1万置いて、足りなかったら、後から来るやつに。
とか言って、お釣をもらわず、カラオケショップを出る。

だが、俺は忘れていた。
201号室が出口の真上にあること。
さらにさっきトイレについてきたのは筋肉二人だけだったのに、最終的には4人になっていたこと。

341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:38:06.30 ID:7SB1MVDfO
怖いな怖いぞ

怪談なんかよりよほど怖いぞ

370 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:42:06.84 ID:Jrw3f/bl0
ドスンドスンドスン。
後ろから地響きが聞こえます。

後ろが怖くて見れない。
何か冷静ながらも怒気を含んだ声で何か後ろから言ってる。
怖すぎる。
ひょろ②が、「はしって」
と、つぶやく。
俺、足は遅い。
100メートル17秒とか。陸上系は本当に無理。
でも走る。走る。
ひょろ②が俺の手を握ってくれてる。
ひょろ②早い。俺つまずく。抱きかかえられる感じで起こされて、カラオケから100メートルほど離れたパチンコ屋に入る。

そこで、状況を確認。
後ろから来るのは髭と筋肉2。
ひょろ①はこない。
筋肉こわい。こわすぎる。
鬼がいたら、たぶんこんなんって顔になってる。

まって。俺なんで怒られてるの?

375 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:42:51.33 ID:fePbHHdv0
>>370
逃げたからだろwwwww

376 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:43:24.06 ID:a9sE+aBI0
>>370
怒るだろwwww

378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:43:59.71 ID:h7gZv9z5O
怖いよ怖いよ怖い

387 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/08/15(水) 22:44:57.54 ID:LoOharGE0
②「仕方ないからホテルに逃げ込もう!」

393 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:45:59.45 ID:Jrw3f/bl0
そいつらは以外と頭がいいらしい。
黒筋肉が入り口で待機、残りの二人が探す。感じになってる。
俺とひょろ②は黒が見える一で隠れる。

黒筋肉は電話でなんかしゃべってる。
初めてはいったがパチンコ屋うるさい。
俺は耳がいいんだ。耳鼻科で人の倍はいいでしょうって言われるくらいいいんだ。
そこいらで、ひょろ①が駆けつける。

さて、どうしようか。

「こっち」
あなたについてきますよひょろ①さん。

400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/08/15(水) 22:47:39.73 ID:R+p5umf80
>>393
いっちゃらめぇぇぇぇぇぇぇぇ!!

403 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:47:52.56 ID:a9sE+aBI0
>>393
罠じゃね?

405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:47:56.63 ID:hnbwp0j/0
なんというサスペンス

416 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:49:45.10 ID:EJMAo2320
まだだ!
まだわからんよ!!!!

417 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:49:52.49 ID:Jrw3f/bl0
ごめ。最後のやつ②ね。

ひょろ②は従業員出口みたいなところに俺を連れてく。
そして玉持った金髪ピアスの兄ちゃんに止められる。
「ちょっ、なにやってんすか。ここは・・・」
ひょろ②はすっと一万を出す。
「えwwwもらっていいんすかwww通るんすかwwww。どうぞ」

ここまで本当のDQNも始めてみた。ちなみに本当にこのしゃべりかたをした。

んで、外に出るのかとおもったら、従業員出口なかくらい。狭い、汚い。
「大丈夫?」
「なんとか」
ひょろ②はでかくて頭ぶつけつつ俺の前に立ってくれてる。

そして、ようやく、外に出れた。

423 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:51:01.95 ID:FLEW5G240
2は信用していい

426 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:51:10.69 ID:O9z+BUQk0
やっぱさすが俺らのひょろ②さんだ!ww

433 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:52:13.85 ID:FF3MqnAJ0
金の力かっっけえwwwwwww

444 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:54:14.00 ID:Jrw3f/bl0
ちなみに出たところは、俺も初めて入る道路裏。
今自分がどこにいるかわからない。

そして、俺はここで本当に自分が馬鹿だと言うことを思い知った。

携帯、が、無い。

すぐに先に急ごうとするひょろ②をとめる。
「あの、あの」とかどもってると、「どうした?」ってすごいやさしい。
「携帯忘れてきちゃって」
と、言ったら一瞬固まったが、
「待ってて。動かないでね」
と一言。
「私、昔陸上部だった」
それだけ言うと、全速力で走り出す。

とりあえず俺はゴミ箱の横に隠れる。

446 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:54:59.76 ID:H7ggBKkv0
ちょwwwwwwwそれは罠だwwwwwwww

448 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:55:05.61 ID:LkCs3qIM0
「私、昔陸上部だった」
中国人のカタコトっぽいwwwwwww

450 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:55:14.72 ID:0tAUI+FH0
事実は小説よりも奇なりとはよく言ったもんだ

454 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:55:33.50 ID:VjEsDdGa0
ワタシ リクジョウブダッタ

786 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:26:37.17 ID:G9arv3vlO
ひょろ②のイメージ
ひょろ2

466 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:56:56.83 ID:wJif/BCu0
ひょろ②の策略っぽいなww

478 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/08/15(水) 22:57:59.19 ID:R+p5umf80
人の少ないところに上手く誘導・・・さすが②さんは最高の策士やでー

477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:57:55.59 ID:Jrw3f/bl0
そこで、恐怖の声が聞こえてくる。
「どこぉだぉらぁぁぁっ」
筋肉が怒ってる。
てか、DQN従業員出口通しただろ。
しね。氏ねとかじゃなく死ね。

まじで、怖い。本当に怖い。
でも、漫画に描いたような生ゴミを捨ててあるゴミ箱の横にうずくまるしか俺には出来ない。
荷物は全部ひょろ②の鞄の中。
みつかったら、抵抗するすべが無い。

「ここかおらぁっ!!」
黒筋肉でした。

なるほど恐怖で尿意を催すとはこのことか。
トイレに行きたい。

488 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:59:16.77 ID:SbNVRkm70
>>477
息を殺せスネーク 見つかったら拷問どころじゃ済まないぞ

490 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:59:25.96 ID:LkCs3qIM0
こええええええええええええええええええええ

500 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:00:40.82 ID:a9sE+aBI0
と、ここでネタ晴らし
実は>>1以外全員仕掛け人だったのである

501 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:00:41.66 ID:YUz7xrOR0
②絶対教えただろwww

503 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:00:57.04 ID:Jrw3f/bl0
漫画好きであげたのはDグレとか黒執事とか。
正直腐女子が喜びそうな奴を上げたのは確かですが。

ガチで震える。ガチで歯がガチガチなる。
せめて武器でもあれば。とかまじで思う。

「いねぇのか?」
とか言ってる。
いねぇよ!!っていってやりたかったが、無理。
バンって俺の隠れてるゴミ箱に何かが当たる。
多分蹴った缶かなにか。

こっち来る。

538 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:03:57.61 ID:Jrw3f/bl0
どうやら俺の髪の毛が見えてた模様。

「みつけたぞ。おい!!」
ゆっくり来る。
涙なのか汗なのか。いろいろ顔がまずいことになってる。
そして、そそり立つ黒い筋肉。
そして、なぜかやさしく
「いこっか」
ぽんって肩に手置かれた。

うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!!!
って言って、ポケットに入れた手を抜いた。

怖くて気づかなかった。
俺、愛用のペンだけ、ポケットに入れてたジャン。
それで、手を引っかく。
一瞬筋肉がひるむ。

逃げろぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっっっ!!!!!!!!!

551 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:04:59.77 ID:wJif/BCu0
逃げてーーーーーーーーー

573 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:06:29.93 ID:VjEsDdGa0
バイ男ハザードwwwwwww

578 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:07:09.59 ID:Jrw3f/bl0
俺逃げる。
図で書くとわかりやすいが、カラオケからこのパチンコ屋まで約100メートル。
で、裏に回る、そこから、また表に出る。
こんな感じで、カラオケからみえる位置に出た。
そうしたら、街中を疾走するひょろ②。
手には俺の携帯。

愛用のペンは落とした。そんなことを言っているばあいじゃないので、ひょろ②の手を取る。
そして、ひょろ②と一緒にまたパチンコ屋にはいる。
黒筋肉は細い通路で引っかかってて、すこぶる遅い

600 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:10:00.74 ID:Jrw3f/bl0
ひょろ②さすがに陸上部だと言ってもこの暑さ。
汗がとめどない。息はそれほど上がってなかったが。

とりあえず、そこで5分ほど待機。
その間に携帯のお礼を言いまくる。
「いいから。いいから」
と、本当にやさしい。

ここで、ひょろ②の携帯にメールが届く。
どうやらひょろ①のようだ。
「黒薔薇のメンバーみんな来るって。どっかに逃げないとちょっとまずいね」

五人じゃないんですか?

618 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:11:15.41 ID:O9z+BUQk0
>>600
い っ た い み ん な で 何 人 い る ん す か

645 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:13:26.77 ID:Jrw3f/bl0
ちなみにひょろ②も黒薔薇が何人いるか正確に把握して無いらしい。
でもあの中で今日あった人は2人いて、見た事ある人でいなかった人が1人いるらしい。
「ごめん。ばれた」
とひょろ②が申し訳なさそうに言ってくる。
俺には何もいえない。
街中を疾走してくるひょろ②の姿が印象に残りまくってる。

「とりあえず、なんとかして電車に乗ろう」

ここから駅まで約2キロ

649 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/08/15(水) 23:13:56.90 ID:ApLefW5T0
ってか黒薔薇って名前だけでホモ集団っぽいとわかりそう

653 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:14:17.10 ID:iTYa96xW0
どんなホラーよりもこええよ今北産業

669 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:16:06.32 ID:Jrw3f/bl0
言っておくがひょろ①はいい奴ではない。
ひょろ①から来たメールに「黒薔薇全員集合。おまえら覚悟しろ」
て、書いてあった。
後で見せてもらったから間違いない。

ちなみに疾走するのはまずいので、ゆっくりと歩く。
怖すぎる。周りが全員アッーの人に見える。
そして、なによりも。トイレに行きたい。

690 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:18:38.39 ID:KN+drIBnO
これは釣りであってほしい……
現実にいそうだから怖い((((;゜Д゜)))

711 名前:1[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:20:48.12 ID:Jrw3f/bl0
トリップつけるのこれでいい?初めてなんだ。

「あの、トイレ」
て、言うと、ひょろ②は
「もうちょっとがまんして」
ですよね~。

ちなみにゆっくりと歩く。
本当に怖い。あと1キロ。
そこで、携帯がなった。

「とりあえず今8人いるって」

735 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:22:39.58 ID:rs09xGy6O
つかまったら8Pか…

739 名前:1[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:23:21.92 ID:Jrw3f/bl0
「たしか君の家の住所割れてるよね」
「あああっ!!!」

そうですよ。手紙だすから、住所教えてとか言われて話しちゃいましたよ。
なるほど、まずい。
これはまずい。

「私の家はみんな知らない。一駅だからうちにおいで」
「わかりました」
すばらしく出来た人だ。
こういった人間になりたい。

746 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:24:07.84 ID:cJiuL2jH0
>>739
死亡フラグwwwwwwww

755 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:24:40.65 ID:fePbHHdv0
>>739
完璧ひょろ②フラグwwwwwwwwwwwww

757 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/08/15(水) 23:24:51.45 ID:IkkZa2yl0
>>739
ひょろ②「   計     画      通     り     」
計画通り

770 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:25:27.66 ID:2n1NlaXk0
ネットで住所教えるなよ…

814 名前: ◆XeenxDFYe2 [] 投稿日:2007/08/15(水) 23:28:44.70 ID:Jrw3f/bl0
OKかな。

なんとか黒薔薇と合わずに駅までつく。
どうやらひょろ②の実家は俺の家に行くには信越線に乗るらしい。
うちとは逆なので、ちょっと帰りの事を考える。
うちの親は楽観主義なので、遅くなっても問題は無いが、金があまり無い。
すっとひょろ②が俺の前にでて、切符を買ってくれえる。

「はやく」
うん、いそごう。

829 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:30:36.65 ID:up3MftO50
楽観主義とかいってる場合じゃねーぞ!

839 名前: ◆XeenxDFYe2 [] 投稿日:2007/08/15(水) 23:31:31.24 ID:Jrw3f/bl0
簡単にひょろ②を説明すると、ねぎまのこのかのお父さんに似てる。
後々聞いた話、証券会社(難しいことはわかんね)の社長さんらしい。

父

そして、電車に乗り込む。
ここでようやく一息ついた。
そして、トイレを済ませると、一駅なので、すぐにつく。
この時大体4時半くらい。

869 名前: ◆XeenxDFYe2 [] 投稿日:2007/08/15(水) 23:34:55.65 ID:Jrw3f/bl0
ごめ、電車の名前は釣。
ひょろ②は38。これも後後聞いた。

そして、駅を降りる。
「すぐそこ」
すぐそこでした。
・・・・・。
このときは社長さんだって事を知らなかったのでマンションの素晴らしさに驚きました。

部屋までつれってもらう。
内装とかがヤバイ。ただの金持ちじゃないオーラが出てる。
「ごめん。きたなくて」
いやいやいや。全然。

 

そこで、ひょろ②が黒薔薇のだれかしらに電話をかけた。

「今日は、ごめん。この子だけは助けたかった」

本当にいい人でした。

875 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:35:45.02 ID:fPlgZZ1YO
こんな現実嫌だw
釣り宣言してくれw

882 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:36:21.07 ID:cJiuL2jH0
ひょろ②「走ったから汗かいたね。シャワーでも浴びようか」

891 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:37:29.99 ID:EJMAo2320
え?おわり?

898 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:38:02.74 ID:hfp5syEr0
え?まさか終わり?

900 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:38:18.61 ID:cJiuL2jH0
なんという打ち切りwwwwwww

996 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:43:41.72 ID:hfp5syEr0
とりあえず>>1乙
笑わせてもらったwwwwww

997 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/08/15(水) 23:43:42.29 ID:ts9oMaHJ0
1000なら書籍化

998 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:43:42.96 ID:68LQmjZD0

999 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:43:44.65 ID:u2c1sBz60
1000ならみんなでアッー!!

1000 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:43:44.93 ID:BY/Fqs0S0
1000なら>>1-1000で乱交パーティー

 

友人に誘われて某MMO(インターネットゲーム)を始めた。

6:本当にあった怖い名無し:2011/02/26(土) 12:47:51.25 ID:PtYge3nzI

一年前の話。
友人に誘われて某MMO(インターネットゲーム)を始めた。

それまでネトゲはおろかチャットも未経験だった私は、たまたま大規模ギルドに拾ってもらい
そこの古参プレイヤー数人にプレイやチャットの手ほどきを受けた。

私のキャラは皆の協力により順調に成長し、いつも楽しくプレイすることができた。
皆いい人で、初心者だったというのもあってか私はギルド内でかなり可愛いがられていたと思う。
その古参の中にAがいた。

Aはプレイ歴が長くレベルもギルド内最高クラスで、普通じゃお目にかかれない
レア装備をいくつも所持しており、皆から一目置かれる存在だった。
Aは私のことをひときわ気にかけていてくれたようで、しょっちゅうレベル上げを手伝ってくれたり、
もう使わなくなった装備を気前よくくれたりした。

7:本当にあった怖い名無し:2011/02/26(土) 12:49:34.27 ID:PtYge3nzI

所属していたギルドは皆の仲がよくリアル知り合い同士という人もたくさんいて、
ゲームしながらスカイプをつないで会話したり、メールアドレスの交換も頻繁に行われていた。
メンバーのほとんどが関東・関西圏に集中しており、
北海道の私は一度も参加したことがなかったが、オフ会なんかもちょくちょく開催されていた。

ネット内コミュニケーションに免疫がまったくなかった私は、Aを含む仲良の良いメンバー数人と
リアルの素性(性別、仕事等)やメールアドレスを教えあっていたが、
今思えば、携帯番号や詳しい住所まで教えなくて本当によかったと思う。
Aは関西に住む大学生だった。

8:本当にあった怖い名無し:2011/02/26(土) 12:53:56.01 ID:PtYge3nzI

その頃になるとゲームにログインしている間中、常にAが絡むようになってきた。
ギルドハントといって、ギルドの仲間数人で狩りをするときはもちろん、
たまにソロで遊んでいる時もAからちょくちょく耳打ち(一対一のチャット)がくるようになった。

「○○ハケーン(´・ω・`)」
「今何してるの?1人ならいってもいい?(´・ω・`)」
「もしかして誰かと一緒?(´・ω・`)」
Aからの耳打ちには常に(´・ω・`)の顔文字がついていた。

9:本当にあった怖い名無し:2011/02/26(土) 12:58:14.59 ID:kpo25fD8i

最初のほうこそ律儀に返していたが、ある時別の友達とかなり忙しい狩場に来ていて
耳打ちに返信する暇がなく、悪いけどあとで返そうと思い返信しなかった。

すると1分もしない間に、耳打ちではなく普通チャット(その画面内にいる誰もが見えるチャット)で

「(´・ω・`)」

かなり遠くの狩場にいたはずのAがすぐ側に来ていた。

仕方なく狩りを中断して、耳打ちを返せなかったことを謝ると、
「いいよ、○○は僕といるよりも他の人といるほうが楽しいんだよね(´・ω・`)」と言いログアウト。
私唖然、一緒にいた友達ドン引き。

この時から私に対するAの普通じゃない執着を感じるようになった。

11:本当にあった怖い名無し:2011/02/26(土) 12:59:17.40 ID:kpo25fD8i

それからというものログインする度、すぐにAからの耳打ちがきた。

「(´・ω・`)」

ゲームには友達登録という機能があり、友達リストに登録している人がログインすると
リストの名前が光り、検索をかければどのマップにいるかがすぐわかるようになっている。

Aはこの機能を使って私のログイン状況と、どこにいるかを常に監視するようになった。
私はAの行動が怖くなり、しばらくゲームにログインすること自体控えるようになった。
すると今度は毎日のように携帯にメールが来た。

「どうして最近INしないの?(´・ω・`)」
「○○がいないとさみしいよ(´・ω・`)」
「もしかして僕のこと嫌いになったの?
僕はこんなに好きなのに(´・ω・`)」

12:本当にあった怖い名無し:2011/02/26(土) 13:00:29.88 ID:kpo25fD8i

最初の頃はのらりくらりと交わしていたが、私にも私生活がある。
Aは大学生、私は社会人。

勤務中だろうが休憩中だろうが真夜中だろうが、時間を問わずに受信されるメールに
ほとほと嫌気がさし、ある日意を決してAにこんなメールを送った。

「私はゲームしている間はみんなと楽しく遊びたいし、Aだけに特別な感情は抱いてない。
真夜中のメールも迷惑になるから控えてほしい」といった内容だった。
するとAから

「(´・ω・`)」

お決まりの返信だった。
もううんざりだった。
それ以来Aとメールのやりとりはなくなり、ゲームもほとんどログインしなくなった。

13:本当にあった怖い名無し:2011/02/26(土) 13:03:03.82 ID:kpo25fD8i

ログインしなくなって3週間ほど経った頃。
ギルド内で仲良くしていた、他の人からメールがきた。

「最近見ないけど忙しいのかな?みんな寂しがってるからたまにはINしてね^^
そうそう、Aも大学辞めたとかなんとかで忙しいみたいで全然いないんだよねー」
Aが大学を辞めたとの事。

嫌な予感がしたが、その友達には暇になったらログインするね、とだけ返信しすぐにその事は忘れた。
私は当時某資格系スクール講師の仕事をしており、主に無料体験スクールなどのイベントを担当していた。
無料体験を行った日は、最後に受講者にアンケートをお願いしている。

授業の感想や講師の印象、氏名、住所等をWEB上で入力する簡単なアンケートだ。
アンケートを回収し、結果をデータにまとめるのも仕事の一環であり、
その日もいつものようにアンケート結果に目を通していた。
そして・・スクロールの手がとまり、目がディスプレイに釘付けになった。

【授業の感想】(´・ω・`)
【講師の印象】(´・ω・`)
【氏名】Aのキャラ名
【住所】関西

全身の毛が逆立った。
受講者の中にAがいたのだ。

確かにAがまだ普通だった(だと思っていた?)頃、なんの気なしに
北海道の一番大きな都市の、駅前にあるPC系資格学校で働いてるという事を教えたことがある。
恐ろしくなって仕事を早々と切り上げた後、自宅へは帰らずに高速を使って
200km離れている実家へ非難した。
翌日が休みで助かった。

15:本当にあった怖い名無し:2011/02/26(土) 13:04:29.79 ID:kpo25fD8i

仲の良かったギルドメンバー数人には事情を話し、ゲームを引退することを告げた。
Aの近況を知るメンバーからの情報によるとAは北海道で仕事を探している、とのこと。

その後すぐに携帯を変え、結婚の為退職し北海道を離れた。
当時迂闊に素性を明らかにしていた私にも非があるとはいえ、
顔も知らないゲームの中だけの付き合いでそこまで行動できる人間がいるというのが本当に恐ろしかった。

文章にするとあまり怖くないかもしれないが、あのアンケートを発見した時の衝撃は今でも忘れられない。

そして、これ(´・ω・`)が本当に苦手になった。
もう二度とネトゲはやらない。

S県月宮

お兄ちゃんどいて!そいつ殺せない!の元ネタです

 

■RAGNAROK ONLINE βLv417 ママーリ■

374 :名も無き冒険者 :02/08/10 22:35 ID:mxlKILXz
突然の長文スマソ
まだβ1が出遊べたころ、今噂のコミケというヤツが始まる話をされますた
ふとしたキッカケで知り合ったirisメインの某同人野郎(同人は後で知りました
もちろん相手方はお決まりの金髪♀で、かなりヲタっぷりの電波が出てますた
で、何故か俺がやたら気に入られたらしく「妹と呼んでねお兄ちゃん」とかなんとか
さすがに「お兄ちゃん」は耐えられないのでやめてくれ、って頼んだのですが
かなりデムパなご様子、「お兄ちゃんと私の仲でしょ」(;´Д`)ドースリャイインダヨ
なんだかんだで約3週間後でしょうか、閉鎖二日前の
5日の日に、冒頭に上げた日曜コミケに行くからお兄ちゃんも行こ、とか言われました
確かに俺は結構エロいのは好きでビデオ屋でAV借りてますが、それはすべて三次元
二次元もんはどうしても息子が喜んでくれませぬ
行かないって言ってるのに、どうせ暇なんだから、とか
妹のお願い聞けないの?、とかかなりデムパな解答で話し聞いてくれません
とにかく行かないと言っていたんですが、次ぎの一言で顔から血の気が引きました
「お兄ちゃんの住所○○○でしょ? 日曜日行くから」
それはマジで俺の住所・・・・・・・・よくよく考えると重力に馬鹿正直に住所教えてました
重力を訴えてやろうかと思ったけど、そんな事より目先の恐怖が積もり積もってます
それで、RO知り合いのアコ♀さんに助けを求めてた所、
「私がかたつけてきてやろう」となんとも俺よりも頼もしいことに(チャットログ↓)

 

アコ:ちょいあんた、人が嫌がってるんだから行くのやめなよ
デムパ:妹がお兄ちゃんの所行って何が悪いのよww
アコ:お兄ちゃん?
アコ:リアル知り合い?
俺:いや、まじで知らないんだよ
デムパ:私とお兄ちゃんはね
デムパ:前世からずっと一緒になるって決まってたんだもんwww
俺:前世・ ←(「?」を出そうとしたけどSHIFT押し忘れた)
アコ:なんじゃそれ・・・・
デムパ:私とお兄ちゃんはね、前世から再びあう約束をしてたのw
デムパ:ずっと昔に魔女に私達兄妹は引き裂かれる運命で

(以下かなり妄想フンタスティックなので省略します、
かなりイタイってやつです。付き添ってくれてアコさんごめなさい)

デムパ:でも魔女に殺される前に二人はもう1度会うって約束したのw
デムパ:だから私はお兄ちゃんに会いに行くのがとうぜんでしょ?
アコ:ああ・・・・・そう・・・・・ (かなり困ってました、ほんとすいません)
アコ:でも相手が嫌がってるんだしやめなよ

—–ここでデムパからwis——
デムパ:お兄ちゃんこの人誰?w
デムパ:さっきからうだうだうるさいけどwww
デムパ:話しを聞いてると私達の仲を引き裂こうとしてるし
デムパ:もしかして魔女のしもべ?
デムパ:話しを聞いてるとそうとしか思えない!
デムパ:きっとそうよ
デムパ:でも大丈夫、私達は二度と引き裂かれる事はないって約束したもんwww
デムパ:こんなネカマなんか私達にはなんでもないわww
デムパ:でも気をつけてねお兄ちゃん
—————————–

(まだ何か喋っていましたが、とても返信は出来ませんでした)

—–俺とアコさんwis—–
(デムパwisを大まかに説明)
アコ:ん~~~~こんな人間今まで相手した事ないな・・・・
俺:同じく・・・・
俺:とりあえず今日は引き下がりましょう
アコ:でもそれだと日曜日来るよ?
俺:もういいですから、○○さん(アコの名)に迷惑ですし
アコ:迷惑もなにも、困るのはあんたなんだから
アコ:最後まで話しうtけないと
俺:もう本当に毛工ですので
俺:もう本当に結構ですので (訂正した俺)
俺:○○さんには心の底から感謝してますがこれ以上は無理です
アコ:でも家にほんときそうだよ
—————————–

(2人ともあまりの自体に文字が滅茶苦茶ですた
一応説得してこの場は退散する事に。アコさん本当に有難う)

俺:ちょっと俺は他に用があるから今日はこれでいいかな
デムパ:うん、わかったw
デムパ:いってらっしゃいお兄ちゃんw
アコ:じゃあ行こうか
俺:はい

(そそくさと退散する・・・・とそこに)
—–ここでデムパから再びwis——
お兄ちゃんどこ行くの?
そのアコは魔女なのよ!?
お兄ちゃんそんなヤツの所に行かないでww
でも、お兄ちゃんは大丈夫だって信じてるからw
日曜日楽しみだね
私お兄ちゃんに早く会いたいなw
—————————–

戦闘終了
なお、wisのほうはかなり省略されてます

388 :374 :02/08/10 22:43 ID:mxlKILXz
いつのまにやら前世で会う約束をされていたそうです
これは冗談になく日曜日来ると思って、友人に助けを求めようにも大学の連中は今大事なレポートに追われている。
俺もそれをやらなければならないので、ラグナ閉鎖中にやろうかと思ってたけど命には代えられません(大げさか?
友人に頼むのは迷惑なのでちょっと離れた喫茶店にでも居座って仕上げようかと思ってました
すると7日の朝方、助けてくれたアコさんがムキになったのか一言
家は離れてないし、アイツとoff会するより私としない?
とのお誘いのお言葉が・・・・・・・・ここはデムパに感謝すべきところでしょうか
ただ、貧乏学生な俺負担で飲み会希望だそうで・・・・・まぁ酒好きだったのは重々承知だったのですが
恩人だし、日頃に世話になってるわでワリカンでとは言えませんでした。このさいリア男かリア女だとかは気にしません
そしてバレたメルアドからデムパなメールが次々と・・・・・・・・
とりあえず大事な貴重品は友人に預け、近所にも不審者が来て暴れ出したら通報してくれと頼み(これも大げさか?
さて、文は書き終えたし(今日昼書き上げました)
ネタ好きな私は今回の事を話題になる程度に考えて、デムパ襲来未遂でフィニッシュ。で終えたかったのですが
今ここに張らなければならない自体が起きたんです
:メールが届いています:
「どうも○○です♪(デムパ)
実は日曜日に行くっていってたんですけど私はお兄ちゃんとはやく会いたいのでもう0時に行きます♪」
どうやらお泊りご希望のです
撃退アイテムは野球少年じゃなかった俺はバットとかはなく
この時期重宝するアースジェットしかありません
蜂襲来スレじゃなくて悪いんですが電波襲来撃退としてどうにかなりませんか?
できればご教授お願いします

443 :374 :02/08/10 22:54 ID:mxlKILXz
わかりました、一応警察には連絡をいれておきます
ただ事前に連絡をいれてなかったし、俺が男だから
すぐ動いてくれるかは分かりません

助けてくれたアコさんはデムパを一緒にしてはかなり可哀想というかありえないと思う
アコさんはオンラインっぽいのでメールの返信がすぐ来ました

ただ一言「大丈夫?」って・・・・・
敵は電波で見方は天然で参っています
誰か強力な助っ人きてくれ・・・・・

474 :374 :02/08/10 23:01 ID:mxlKILXz
とりあえず断りのメールもしておきました

あなたを男一人ぐらしの部屋に泊める気はありませんし
突然夜遅くに来られても困ります。出きればお引取り願います

こんな感じの文面でいいのだろうか
警察には一応電話しておいたけど
軽く流されたような気も・・・・・
とりあえず警察は0時までに出れるように待機してるそうです
それってかわならないような・・・・・・

とにかく汗でたまらんので風呂入ってきます
まだ時間もありそうだし

488 :374 :02/08/10 23:03 ID:mxlKILXz
>478
鯖は書いてあります、irisです
名前は 自分でつきみやなんたらとか言ってましたがよくわかりません

567 :374 :02/08/10 23:20 ID:mxlKILXz
すいません、一応RO関係かなと思ったのですが
風呂はさすがに入るとまずそうなので蒸しタオルで拭く程度にしておきまして
そのあと対策アドレスを見ていましたんですが

メールが着ました
「もう少し早くつk・・・(読めません

とりあえず貴重品の確認だけして逃げようかと思います
近所からヲチで
スレ消費ごめんなさい。ネタじゃないんでまじで恐いです

111 名前:いつぞやの374 投稿日:2002/08/11(日) 03:15 ID:sTFhvF6M
警察のところから帰ってきたのですが
どこに結果報告するべきなのか・・・・
大まかな結果は俺の家のドア損傷、ふとももを打撲な感じでした
そろそろ報告書がまとまるのですが
「雑談その他なんでもござれ」 ここでよさげ?

174 名前:いつぞやの374 投稿日:2002/08/11(日) 03:55 ID:sTFhvF6M
>>162
今テキストでまとめております
テキストのほうは長文読解となり細かいですが
おおかまにいうと

・俺、「早く来る」メール受信→外に逃げる
・デムパ襲来→俺、遠くでタシーロ
・デムパ無反応に切れて凶器所持でドアに暴行→俺、大家に家賃二ヶ月滞納者
・俺、通報し留めに入る→ふとともに一撃食らうも抑えることに成功
・警察タイーホ

ってな感じですた
一応女でしたが顔は言いませぬ

242 名前:いつぞやの374 投稿日:2002/08/11(日) 04:44 ID:sTFhvF6M
一応文がまとまりましたんで提出します
ttp://dtsi.dyndns.info/~uploader/2ch-ro/file/20020811044038.txt

すいません、再度来る可能性って結構高いんでしょうか?やっぱ
次回「帰ってきた電波」
との見出しが出ない事を望みまつ(´・ω・`)
さて、すっかり目がさめてしまってますが
風呂はいって寝ようかと思います

 

URLの内容は以下になります

以下状況報告

メールで危機を感じて外に退避しますた
家から離れた距離で昔買ってもらった某戦隊物の望遠鏡を持参して。
買ってもらったときはほんと嬉しくて未だに持っており、今こんな感じで役立ちました
来るまでテトリスでもやりながら待ってたんですがだいたい11時40分ごろに事件が起こりました
俺がテトリスをやっていると俺の家のほうから声が
夜も遅いし時間的にそろそろかと思ってたので覗き開始
でもよくよく考えると俺はタシーロな訳でかなり怪しい
こっちが警察に見つかれば俺がご用です
で、ヲチ開始
家のほうを見ると普通の女性が一人(顔はよく見えない)
俺の勘違いかと思ってたらその女性が俺の家の前に止まって
「○○さ~~ん♪(俺のキャラネーム)来ましたよ~~~」
myキャラネームをそんな大声で呼ばないでくれ・・・・・(;´Д`)
まぁ誰だかは近所にはわからないわけですが、俺の玄関の前に居るから恥ずかしいのは変わりない
放っておけば帰るかと思いきや、ダンマリにかなり逆ギレをしたようす
「お兄ちゃん!!大丈夫!?どうかしたの!?」
「誰かに捕まってるの!?もしかして魔女に捕まったの!?」
なんでこんなことを大声で言えるのだろうか・・・・・妄想は凄い
と、バックからなにやら取り出すとドアにそれをガンガン撃ち付けてました
よく見るとなにやら銀色のようなものが・・・・・・・
包丁ではなかったのですが 警棒ですた(´・ω・`)
とりあえず、こらあかんと警察に通報
「警棒持って玄関でドアに暴行をしている、危険なのですぐとめて欲しい」
来るまで15分かかるそうですが、俺の家のドアはそれほど頑丈ではないので
そのうちぶっ壊れるだろうと思って無理を承知で止めに入る
家賃二ヶ月滞納者にはこれ以上大家に迷惑をかけれませぬ
俺はどうでもいいからドアを殴るな!と「俺の命<ドア」でした
とりあえず武器を取り上げようとしたら
「何すんのよ!?」
とふとももに一撃を食らいました。まじでイタイです
ぶん殴ってやろうかと思いましたが、なにぶん相手は仮にも女なのでどうしてよいやら
とっさに「俺の家の前で何をしてる!?」と叫びました
「お兄ちゃん?」 俺はお前の兄ちゃんっじゃねぇっての、俺兄弟は姉しかいないし
とりあえずなだめるようにして、警察の到着を待つ
顔を改めてみると これまた電波な顔。あえて芸能人には例えません
俺にだってプライドはあるわけでこんな野郎の彼氏にはなりたくありません
とりあえず落ちつかせていると5分ほど早く警察到着、ありがとう警察
一応俺も同行する事に

パトカーに乗るのは実は始めてではないのですが(そこは秘密
中でデムパが叫んでおります
「妹の私が来るのにお兄ちゃんまさかお外にいるとは思わなかったんだ
もしかしたら魔女に捕まってるかと思ってね 、どうにかして助け出そうかと思ったの」
車内唖然・・・・・
俺と警察の人二人、男3人の沈黙。それでもデムパはやまない
「きっとお兄ちゃん私が来るから急いで買い物しに行ったんだよね
突然なんだもん、準備が出来ないからしかたないよね
じゃぁ こんな所居ないですぐ帰ろうよ」
俺「・・・・・・御苦労様です」
警察「はい・・・」
事情をあらかじめ説明しておいてよかった・・・・なにかママーリした時でした

:警察取り調べ開始:
学生手帳などの身分証明になるようなものは一切持参しておらず
これは時間がかかりそうだと おまわりさんちょっと半無き。俺はもう死にたい
なんでかってデムパの声がすごいんです
「お兄ちゃんは私が必要なの!!
お兄ちゃんは今日(もう日曜)魔女に狙われて殺されるかも知れないの!
だから2人で救世主を探しに逃げようって約束したのに
なんでこんな所居なきゃならないのよ!?」
頭が痛い・・・・・
いつからコミケ行きが 救世主探しになったのかは問いませんでした
「すいませんが未成年の可能性があるので
保護者と連絡が取れるまで待ってくれませんか?
自宅に帰っていただいても結構ですので、自体が変わり次第お電話いたします」
と警察、どうやら向こうもかなり頭が痛い様子
「なにぶん このようなことは初めてでして・・・・
どう対応したらよいのやら全く検討がつかないんですよ・・・・困ったものです」
御苦労様でつ(´・ω・`) ネタ好きな俺はとりあえず残る事に。再度来るのメンドイし
この事を早く誰かに喋りたい俺は、事情をある程度知ってる人
つまり魔女にメールを送ったのですが、送ったのが携帯だと気付くまで数分かかりました。まぁいいけどね
流石に夜遅いのか返信はなかったです
とにかく若手総出動で会議ののち、俺に協力が欲しいとの事
すんごく恥ずかしい内容でしたが まぁしょうがねぇわなと腹をくくりますた
「なぁ、実はお前が前に住んでた所に実は魔女の呪いがかかってていることがわかって・・・・・」
妄想には妄想でどうにかしろとの事です
あんまりにも恥ずかしい内容でしたが意外や意外、すんなり住所を教えてくれました
警察さんありがとう

:夜2時、親御到着:
親はいたって普通の人でカナーリ平謝り
で、ちらほら聞こえる「起訴だけは・・・・」
まぁ起訴とか難しいことはよくわからんので「いいですよ」と優しい俺
で、条件としては
・ドアの修理代の請求(モロいので壊れた)
・以後こちらと会わない事
・連絡手段となったインターネットを使用させない事
これで起訴は取り消しとしました
後で話しを聞くとヒッキー厨房だそうで、ふらっと出ていったきり帰ってこなかったとか
しかもお住まいはT都の上のS県・・・・・・・・
俺C県なんですが・・・・・

とにかくこの場は帰宅と言う事に
お金は後日 謝罪を改めてさせて欲しいのでその時にだとか
連絡先を交換し、帰宅
「やだ!魔女の呪いがかかってる家なんか帰りたくない!」
「呪いなんかかかってないから帰りな」
「お兄ちゃんこのままだと魔女に捕まるよ!」
そのお前さんが言ってる魔女にとやらに捕まるのはある意味本望かも(;´Д`)ハァハァ
というか是非とも捕まりたいです

帰りにバイブになっていた携帯を見ると返信が。
アコさん、つまり魔女なのですが一言「どうだった?」
状況説明したばっかじゃん・・・・・。・゚・(ノД`)・゚・。
俺の妹はデムパでその命を狙う魔女は天然ボケです
もうなんか・・・・・・・・
とりあえず妹の命を狙ってくるならお兄ちゃんは止めません、むしろご提供します
んで携帯を見ると2件目もあったようで
「あと、飲み会は忘れないこと」
今度は俺じゃなくて俺の財布が泣きそうでつ(´・ω・`)ショボーン

860 名前:いつぞやの374 投稿日:2002/08/11(日) 12:40 ID:dQW18ZPo
朝方なかなか眠れなかったのですが、やっと眠れました
昨日はもう一生分の生き恥をかかされて かなり滅入ってしまいました
で、今なんでここに書いたと言うと 一本の電話で起こされたからです
「はい・・・○○です・・・」 「あ、○○さんですか、あのデムパ母です」
「ああこの間はどうも、すいません寝起きで声悪くて」「いえ、こちらも大変失礼・・・・」
(カットします)
「それで娘が 家から出ていってしまったんですよ」「ハぃッ?(;゚Д゚)」
「今日は以前からこどもマーケットですか?そこに行くとは言ってたんですが
そこに行けば娘は居るんでしょうか?」
とりあえず「こどもマーケット」じゃなくてコミケであることと
実際行ったことは無いんですが、広くて人が多いので探すのは難しいことを教える
それから再度こっちに来る可能性もあるということと、俺は飲み会で帰りが遅いことも
「それでは主人が夜にはそちらの警察のほうで待機出来るか警察に聞いて
私は娘が帰ってくる可能性もあるので自宅で待ってます
連絡はこちらのほうでもいいですが、一応主人の携帯の番号を・・・・」

次回「デムパの逆襲」
帰りに待ち伏せされてたらやだなぁ・・・・・((((;゚Д゚))))
状況報告をしないことを望みますが、なんか難しそうです

914 名前:374 投稿日:2002/08/11(日) 23:46 ID:eidwaCrA
凄い事になりました。ええ予想通り「電波の逆襲」ですよ
約2時間捜索され、4時間電波に尾行された後、
連れが暴行を食らいタイーホ

ナンジャタウンのお化け屋敷より怖かったです

945 名前:374 投稿日:2002/08/12(月) 00:55 ID:fsF.JLfk
これがスレ違い最後です、たぶん。そろそろ名無しに戻ります

・電波に尾行される→俺、知らない
・俺、アコさんと合流、ママーリと飲屋→電波、飲屋の外で二時間待機
・アコさん電波に襲われるも逆ギレで電波倒す→俺、ガクガクブルブル
・電波父、電波を精神科行き希望→俺、酒と疲れで爆睡
・俺、電波痛いので帰る
ttp://dtsi.dyndns.info/~uploader/2ch-ro/file/20020812005515.txt

chaos,lokiの皆さんご安心ください。関係ありません
irisの人ごめんなさい。モロirisです
ではもう二度と帰ってこないようにします。それを望みます。つД`)

URLの内容は以下になります

以下状況報告

なんか今回はかなり凄い事に、まさにサイコホラーになりました
俺はoff会の約束の三時まで家からすぐの近所のミスドでレポートを書いてました
で、三時にoff会の場所に行ってアコさん(魔女)と合流
グラビアアイドル並とは行きませんが結構可愛い人で、昨日の電波と比べれば月と炭素菌
俺の住んでる近くだったので案内しつつブラブラしながら夜7時飲屋へ
連れは未成年かと聞かれましたが、以前大学の友人達と来た事もあり
大学の友人だと嘘ついたらすんなり通してくれました
二時間後、一次会終了でカラオケでも行こうかと思っていたらまだ飲みたいとのこと
もう俺の財布はかなり痛々しいのですが(俺のおごり)焼き鳥が美味い所へ連れて行く事に
その焼き鳥屋はちょっと奥の路地に入ったところにあるヒッソリした隠れ名店ってヤツです
人がガヤガヤ居らず、それでもってかなり美味い所っていう地元の人しか知らないような所
ただそこを選んだのが間違いでして。
もう既に隣の魔女はベロンベロンに酔ってるわけで足取りも千鳥足
俺は俺でそんなに酒を飲めないのでちょっと気分悪くなって焼き鳥だけ食おうと思ってました

途中、コンビニに寄って溜まったぶんのもんを出して
人通りの少ない住宅街を通り向かっていました
んで、ここから忠実に再現
「すごいねー コンビニのトイレ洋式だよ
うち和式だから酔ってるとすーぐ足突っ込んじゃ・・うっ」
俺より酒臭い息を吐きながら何能天気な事言ってるのかと思ってたら急にう小さくめき声を上げて倒れこみました
もう酔いつぶれたのかと思って「もうお酒はやめたほうが・・・」と言った瞬間
後ろから一言「お兄ちゃん大丈夫?」
聞き覚えのある声に振り向くと((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
これがキタ━━━(;´Д`)━━━!!!!!ってヤツでしょうね
何故か居るんですよ、そこに何故かデムパが
なんで、なぜここにいるの? tu-kaその右手に持ってる警棒はなんですか
こういう場合目が逝っちゃてるっていうんでしょうが、暗くて見えやしません
とにかく疑問は置いといて、今置かれている状況を判断
アコさんは左の二の腕のほうを抑えているからおそらくそこを叩かれた模様
「お兄ちゃんそいつは魔女でしょ?だって魔女の名前で呼んでたもん」
そうなんです、アコさんは本名からキャラネームをとっていたので、リアルでも使えるあだ名みたいなもんで
それでそのまま呼んでたんですよ
とりあえず狙われているのはアコさんだという事はわかる。
ただ逃げようにも酔ってるしアコさんはぶっ倒れてるし
まずはアコさんが大丈夫かどうか確認「動ける?」と簡単に話したら
「う・・・あぁ・・ぅ」とうめき声しか帰ってこなかったので
それに興ふn・・・じゃなくて駄目だと察し、電波の再攻撃をどうするか考えていると
「今そいつ殺すから」
まじで言ってました。
俺はもうその言動と行動に恐怖しか覚えられません。冗談になく怖かったです
そして振り下ろしてきた警棒をとっさに持っていたバックで防ぐいだんですが
それは昼にやったレポートが入ってるバックで、くしゃくしゃにすると怒られるんですよ、管理がなって無いって
なんで俺は手を出して防がなかったのかと小1時間・・・
でも後々考えたらレポートと言っても紙切れなわけで「俺の命<紙切れ<ドア」
俺の命はどうやら100円ぐらいの紙切れ以下のようです。少し泣きました
まぁそんな話しは置いといて
電波は俺が魔女をかばった事にかなり憤激のご様子で
「お兄ちゃんどいて!そいつ殺せない!」
もう相手が人間なのかなんなのか疑問に思えてきました
これ、冗談じゃなくて本気で言ってるんですよ
もう狂ってる程度の比じゃないですよ、その異常さはある意味恐怖でした
と、ここでこれはまじでやばいと思ったら探してた救世主のご登場です
「なさすんだこん!でてえあんたなんがさ殺される理由なんがねわよ!あったま来た!」
倒れてたアコさんが方言を言い放ち、物凄い剣幕で立ち上がり
左手を抑えてた右手を横に広げて相手の首にぶちこむ、つまりはラリアット
「あぐっ」と、電波がうめき声をあげてノックダウン
すげぇ・・・・・(;´Д`) あなたは女子プロでもやってたんでつか?(´・ω・`)
とりあえず俺は持っていた警棒を遠くに蹴っ飛ばし、通報
そこは昨日お世話になったの警察のところから近かったし
女性が襲われた(襲った?)ということもありすぐ警察が来ました
その間、電波は「魔女に殺される!!助けてお兄ちゃん!!」と喚いてました(抑えつけられながら
助けて欲しいのは俺だって。・゚・(ノД`)・゚・。
んでアコさんは勝利の雄叫びか「ほたぁ~~るのひか~~り~~」と、大熱唱
そんな歌を歌ってあなた何処を卒業するのですか?
アコさんの脅威とその天然っぷりに感服、まいりました

:警察に連行:
待機していた親父さんに 黒さが寂しい頭を下げられまくって
「俺に謝るよりアコさんに謝ってください」と言ったらアコさんのほうに
寂しい頭を下げてました
「で、電波父さん、今回は女性が襲われたわけですが・・・・」
と警察が切り出したら
「申し訳ありません!なんとお詫びをしたらよいのやら」
また寂しい頭を下げまくられました。もうそれいいっての
とりあえず謝罪等は置いといて電波の事情聴取へ
まずは何故あそこに居たのかと聞いてみました

最初は俺の家に行き、騒いだものの
隣があまりにもやかましくて不在を告げたところ、あてもなく探しに行ったそうな
で、前世からの再会する運命とやらで偶然ミスドに居る俺を発見
声をかけようかと思ったら俺がミスドを出てしまって、その後を追ったものの
普段ろくすっぽに運動をしないから急ぎ足の俺をすぐ疲れて見失い、その後もずっと探してたそうで
俺をもう一度見つけたときは、丁度飲屋に入るところで追いかたが
未成年入店禁止で追い出され、二時間外で待ち続け、
出てきたところをまた後をつけ、コンビニに入ったところで追いつけ、
人通りが少なくなって話しが聞こえると思ったら隣にいる女は「魔女」の名前と同じ。
俺のことが危ないと思ってスキを見て攻撃したが返り討ちにあったとのこと

すげぇ執念に一同唖然
つまり俺はミスドからずっと追われてた訳です
まぁさすがに後は任せといてこちら側の事も
で、被害に遭ったアコさんの身元確認ほうなんですが実はとんでもないことが判明
「実家のほうに住んでいるのでそちらのほうに連絡できますか?」
とっとと言えば良いのに・・・・と思っていたら時間稼ぎのようで
数十分後アコ母登場
「すいませんうちのアコがまたなにかしたそうで」
「いえ、アコさんは被害に遭ったほうですので謝られなくても」
「この子ったらまたお酒飲んで・・・・まったく貴方まだ二十歳にあんってないでしょ!?」
アコさんがヤヴァイという顔をした瞬間、俺と警察のほうもこれまたビックリ
「え?未青年者飲酒でここに居るんじゃないんですか?」
アコ母激しく勘違い
「え~~まぁ 今回は厳重注意と後は親御さんの指導に任せましょう
あなた(俺を見て)アコさんが二十歳以下って知っていてそれで飲みに行きましたか?」
「いえ、お酒が好きだと言う事でてっきり二十歳以上かと」
「などほど・・・・わかりました。それではアコさんとアコ母さんこちらのほうへ」
アコさんは向こうの部屋に、俺はというと
「すいません、疲れているかと思いますが少しお付き合い願えますか?」
と、警察は俺にも話しを聞こうと思ったようで電波父と話し合い

とりあえず俺は 今までの経緯などを説明
激しく電波に激しく唖然
俺は唖然と言うか酒と疲れのせいで激しく眠くなってくる
電波父は決意を新たにし、急に切り出す
「あの娘のことなんですが、私も以前からまともじゃないとは思っていたんです
それに今回の件もあるし・・・・・」
電波父は以前から電波のことを分かっていた模様
なら家に縛って置けと小1時間・・・・・
ぶん殴ってやろうかと思いましたが警察のまん前でそんな事は出来ません
「で、カウンセリングでしょうか・・・・そういう事を・・・・」
どうやら電波父は電波を精神病棟ぶち込み希望のご様子、俺もそれがいいと思う
と、ここで私に限界が来ました
ようするに熟睡です

起きて時計を見ると約1時間半ほど熟睡
丁度電波母が登場して騒いでたので起きました
「すいません寝てしまって・・・・・」
「いえいえ、こちらも疲れているところをすいません」
酔いつぶれただけなんですけどね・・・・
電波母が持ってきた菓子折りを貰い、電波を見るとまだ叫んでました
担当者かわいそうに
アコ母は見えるのですがアコさんが見えないのでどこかと聞いたら
俺と同じでソファーで横になってました
ただ寝顔が可愛いってのなんてぇの、かなりママーリしますた(*´Д`)
もう限界ですと帰宅希望。マジで限界です、電波が
警察は今のところ
・電波親は電波を精神病院・・・もといカウンセリング希望
・アコさんに暴行に関してはアコ一家が決めるので俺は関係なし
・全て予定なのでまだ決定したわけじゃない
だとか
俺が起訴するんじゃなくてアコさんのほうがするならいいだろうと思って起訴無し
「なるほど、ソレじゃ帰りますので後日連絡ください。」

やっと終わった・・・電波は精神病院行きですか
そのまま出てこないでください
寝ているアコさんに「帰るから」と告げると
笑って「じゃあね」と言われますた、か、かわぃぃーーー(*´Д`)
でもこのあと酒臭いゲップを食らって幻滅したのは事実です
なんですかこのドリフ並のタイミングは

以上、電波との戦いでした。
電波晒せという声もありましたがiris金髪♀で名前は月宮なんとか
後々調べましたが これエロゲーキャラの名前なのね